« ブログ村 | トップページ | [引用]世界に日本の大学の「派遣」を!公共事業としての学術国際協力 »

2008年6月 5日 (木)

火星探査とはなんぞや

うーむ、なるほど、こういう風にシステマティックに探査をすすめるのか、さすがNASA/USA、火星探査をサイエンスオタクの無駄がね使いとは侮れません。これだけ探査のエンジニアリングが充実しているということは、逆に言うと、火星の状態もだいぶんわかっているということ??でも、火星への有人探査だけはまだやめといてほしい、なんか、無事に帰ってこれる感じがしないもんね。

【図解】水と生命体を探る火星探査機

  • 2008年05月27日 19:22 発信地:米国
  • 写真
  • ブログ
  • NASAの火星探査 

関連写真 1

(c)AFP

  • 記事をクリッピング
  • 写真を拡大する
  • 写真をブログにつかう

【5月27日 AFP】図は、火星の水と生命体の有無を調べる火星探査機について示したもの。(c)AFP


<ニュース解説画像一覧へ>

« ブログ村 | トップページ | [引用]世界に日本の大学の「派遣」を!公共事業としての学術国際協力 »

科学技術・人文社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514454/21429150

この記事へのトラックバック一覧です: 火星探査とはなんぞや:

« ブログ村 | トップページ | [引用]世界に日本の大学の「派遣」を!公共事業としての学術国際協力 »

フォト
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング