« 家畜のゲップと温暖化ガス排出抑制 | トップページ | フクロオオカミ・マウス »

2008年1月25日 (金)

生命の創造?乗っ取り?

#これは、DNA鎖の改変、それとも、ただの高分子重合反応?細菌ゲノム自体は細胞質をもっておらず、宿主に寄生して細胞増殖を乗っ取るタイプのヤツかな?
高分子重合だけからできたとすると本当にすごいのかもしれないけど、ほかの細胞質にしのばせるというあたりがねえ、ちょっとインチキくさい生物創造ではありますね。やはり、細胞質までは、どんなにがんばったって絶対にできっこないので、遺伝子改変までが限界じゃないでしょうか。

#生物界によくある「ヒトのふんどしで相撲をとる」というのを人間が利用しただけとか。。。そのいみでは、品種改良とあまりかわらないけど、細菌ゲノムを重合させるというあたりがねえ、やっぱ危なっかしい感じがします。

#自然界に存在してまだ発見確定されていない細菌を見つける「細菌ハンター」という仕事がありますが、これもリスクにまみれて行うようです。遺伝子改変工学と細菌ハンティングのリスク・コミュニケーションをすり合わせる必要があるのではないでしょうか?

細菌ゲノムを化学合成=「生物創造」に近づく実験も-米民間研究所
(時事通信社 - 01月25日 05:28)

 細菌の全遺伝情報(ゲノム)を初めて化学合成したと、米民間の「J・クレイグ・ベンター研究所」(メリーランド州ロックビル)の研究チームが25日、米科学誌サイエンスの電子版に発表した。化学合成したDNAの断片を大腸菌の人工染色体を使ってつなぎ合わせ、酵母内で完成させた。このDNAを取り出して細菌の細胞質に移植し、生きて活動させる実験も進めており、成功すれば「生物の創造」に近づく成果となる。


 同研究所は、ヒトゲノムの解読で知られるクレイグ・ベンター博士(61)が設立し、研究チームも同博士が率いる。新しい医薬品やワクチンの開発、バイオ燃料の効率的生産、有毒廃棄物の分解などに役立つ自然界にない細菌を生み出すのが目的と説明しており、役に立つことが期待されるが、一方で生物兵器、犯罪への悪用や流出事故が懸念される。同研究所はこのため昨年10月、合成DNAの販売企業、研究機関、利用者を対象とする規制制度を検討した報告書を公表。合成DNA研究は日本を含む各国で行われており、国際的に協調した規制が必要になりそうだ。 

« 家畜のゲップと温暖化ガス排出抑制 | トップページ | フクロオオカミ・マウス »

科学技術・人文社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514454/10066472

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の創造?乗っ取り?:

« 家畜のゲップと温暖化ガス排出抑制 | トップページ | フクロオオカミ・マウス »

フォト
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング