« 来日外国人と研究開発 | トップページ | 生命の創造?乗っ取り? »

2008年1月21日 (月)

家畜のゲップと温暖化ガス排出抑制

#これは、ひどい!たしかに、家畜のゲップがGHG(温暖化ガス)の数パーセントをしめるという報告がなされたことがあるが、京都議定書・ポスト京都に反対する米国某勢力のながしたト学情報ではなかったのか?

#これにまともに反応して、家畜のゲップを減らす技術だとな!!ネタとしては、農薬による家畜被害の研究の中で偶然まえまえからしっていたことであろうが、それが、温暖化ガス排出規制に役立つ、という理屈をつけてまで公表しなくてよいであろう。

#悪しき研究とまではいかないが、メディアとの関係の上で、アウトリーチの表現に問題がある例といえるであろう。

温室ガスの5%、家畜ゲップのメタン除去…帯広畜産大が特許
(読売新聞 - 01月21日 15:04)
 牛、羊などの家畜のゲップとともにはき出され、温室効果のある「メタン」を、ゲップのガスからほぼ完全に除去する技術を帯広畜産大の研究チームが開発した。
 アミノ酸などの成分を牛に与え、ゲップを「無害化」する手法だ。
 家畜のゲップに含まれるメタンは世界全体で温室効果ガス全量の約5%を占めるとされ、地球環境への影響が懸念される。この技術が、メタン削減の新たな選択肢になると期待される。
 開発に成功したのは、高橋潤一教授(循環型畜産科学)らの研究チーム。
 高橋教授らは、多量の硝酸塩を摂取した乳牛のゲップにメタンがほとんど含まれていないことに着目。硝酸塩は、化学肥料などを過剰に使った土壌で育てた牧草に多く含まれて、多くの牛が中毒死した原因を研究した際に、偶然発見した。
 研究の結果、家畜に硝酸塩とともにアミノ酸の一種の「システイン」を与えれば、中毒を起こさずにメタン排出を抑えることを突き止めた。
 この方法だと、硝酸塩を摂取した乳牛から搾った牛乳の品質に影響もない。必要なシステインの量は1日当たり一頭100円程度のコスト高になるという。研究チームは、日米豪など5か国で、メタン抑制技術として特許を取得した。

« 来日外国人と研究開発 | トップページ | 生命の創造?乗っ取り? »

科学技術・人文社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514454/9999614

この記事へのトラックバック一覧です: 家畜のゲップと温暖化ガス排出抑制:

« 来日外国人と研究開発 | トップページ | 生命の創造?乗っ取り? »

フォト
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング